ゆめかな

主婦だって夢のひとつやふたつくらいあるんだゾウさん

これって中二病?学生の頃の自分が変人なんだけど!

[広告]

 f:id:zettaikanaeru:20180612101704j:plain

誰しもが中二病を発症したことがあると信じたい…。

 

私はよく「変わり者」と言われるのだけれどそれは否定できないと思っていて、

はたまた変わり者だと言われるのはもしかすると私にとっては褒め言葉ではないかとさえ思う。

そこでこの度は私の変人ぶりを紹介したいと思う。

変人と言われてきたあなたが自分より変な人っているもんだなーと安心してくれれば嬉しい。
 

変人事例1. 専門学生時代、左右別の靴下を履いて登校する。

 

f:id:zettaikanaeru:20170724230616j:plain

 

当時、靴下が「気付いたら片方だけになっている現象」に悩まされていたのだ。

タンスの中を探しても探しても相方が見つからない。

なぜか決まって見つかるのは同じように相方を見失ったかわいそうな靴下さん達だった。

この靴下さん達はきっと私に買われてしまって不幸だ。

そんなことを思いながら諦めずに探しているとやっとタンスの奥の方〜〜に追いやられた相方を見つけることができるのだ。

これが続くと次第に探すのもめんどくさくなった。

その時、いや、まてよ、と。

靴下なんか左右違っていても何の支障もないことに気付いてしまったでのある(思考回路的には布を履いていることが重要で柄はどうだっていい)。

それからというもの堂々と左右非対称の靴下を履いて登校した。

最初に気付かれると「ちょ、、え?、、靴下違う、、、。」といった反応をされるけれども「ん?何のこと?どうかしましたか?」と平然と受け流してみたり「おしゃれでしょう?」とかでもってボケたりしていると以外とウケが良かった。

そして次第にみんな突っ込まなくなった。

少し寂しかったけれどもとても過ごしやすくなった。

 

変人事例2. 数学の授業中クロールをする。

f:id:zettaikanaeru:20180612100704j:plain


 

ある退屈な授業中。

机の上にうつ伏せになって居眠りをするというのは見慣れた光景であろう。

しかし私は居眠りではなく考えごとをしていた。

私は水泳が得意ではなかったからクロールはどうすれば上手くなるんだろう、と頭の中で考えていた。

「手の動かし方はこうかしら。」とか「息つぎのタイミングはこのタイミングやな。」とか。

あーだこーだ考えている内にどうやら実際に手や足も無意識の内に動いてしまっていたらしい。

机の上にうつ伏せになった状態で左右の腕を動かしクロールをする。

ついでに顔を横に向け息つぎもする。

その時ふとクラスの光景が目に入った。

我に返って「はっ」っとした時、クラスの男子に「クロールの練習は終わったんか?」と言われたあげく、ケラケラと笑われてしまった。

とても恥ずかしかった。

私は「ヒーっ!」と顔から火どころか炎が出た。

ちなみに恥をかいてまで練習をしたのに私のクロールの技術は向上していないのはとても悲しいと思う。

 

変人事例3. 幽体離脱を試みる。

 

高校生の夏。巷では高校球児とか花火大会デートとかで盛り上がっていたが私の中でのブームは「幽体離脱」だった。

双子のお笑い芸人「ザ・たっち」の「ゆうたいりだつ〜〜♪」ではなくて「ガチ」なやつ。

私はある暇つぶしサイトにて幽体離脱をしているよ、と言っている人を発見して興味を持った。

その幽体離脱をする人は、「空が飛べるよ。」とか「壁抜けができるよ。」とか言っている。

なんて楽しそうな世界なんだ。

私は、どうすればできるのか知るためにネット上を探し回った。

辿り着いたのは「幽体離脱入門」とかいうインチキくさいすごくためになりそうなサイトだった。

そこにはやり方が詳しく書いてあったので実践してみた。

そこには仰向けになって目を瞑り手の先、足の先、頭の先からエネルギーを集めて胸の上にもってくるイメージをしましょうとか、

それが上手くいくと金縛りになって、幻聴が聞こえてきて身体が振動し、その瞬間に身体を起こそうとすると幽体だけが抜けるよとか書いてあった。

私はもちろん本気で試したが結局私の幽体が離脱することはなかった。

またやりたくなったらしてみようと思う。

 

まとめ

変人ということがお分りいただけたのではないでしょうか。

変人は変人が好きなので自分が変人だと認識している人はご連絡いただけたら嬉しいです。

 

次回は「騙された!!気付いたら情報商材を5つも買わされていた話!詐欺にご用心」をお送りします。