くろいわの超絶雑記帳

ほとんどがネタ系の個人のブログ。

天が私に会社を辞めろと言っているかもしれない。

[広告]

今朝6:45、目覚ましが鳴った。夫の。

妻のアラームは5:00設定だ。

だけれど妻のアラームは鳴らなかった。

 

つまりは夫のアラームで目が覚めた。

それが何を意味しているのか。勘のいい人はもうお分かりだろう。

 

そう。

 

遅刻街道まっしぐらだ。

 

朝、飛び起きて、まず向かった先は洗面所。

洗濯物を干さなければならない。

洗濯物を急いで取り出した瞬間、「やってしまった。」

 

白くてぶにょぶにょしたものがパラパラパラと落ちてくる。

 

まじか。

 

こいつの正体は何を隠そう長女のおむつである。

洗濯機で1時間弱ほどかき混ぜられて完成したプリンプリンなおむつだ。

 

このプリンプリンがはじけて服に絡みあげて大変なことになっている。

私は洗濯物を干すのをあきらめた。

 

次は急いで子供たちを起こした。

なかなか起きないのはいつものことだ。

次男が合掌した手を耳の下に置き「く」の字になって一生懸命寝ている。

ママが「起きなさーい」と言わんばかりにデーーーンとつけた電気を無理やり無視するかのように頑張って寝ている。カワイ。

 

何とかドーナツで釣って起こした。

 

長男は保育園に白米をもって行かねばならない。

持って行かねばならないのだけれど…

 

「あ、ご飯炊いてないや。」

 

これをもって私の会社遅刻が決定した。

 

なので、会社休んだ。てへ。

そろそろ「最近休みすぎですね。」と会社が私を嫌ってくるかもしれない。

 

これはもう…。

 

 

誰かが私を陥れようとトラップを仕掛けてきていると思う。

その主犯は天だ。

 

天が私に会社を辞めるよう仕掛けてきていると思う。

 

 

嗚呼早く会社辞めたい。

 

…なんだこの書きなぐった感じ。