くろいわの超絶雑記帳

ほとんどがネタ系の個人のブログ。

レコーディングダイエットって何?実際にやったのでやり方を教えます。

[広告]

 f:id:zettaikanaeru:20180201093808p:image

 

まずは、レコーディングダイエットって何?

 

大まかなやり方は、「食べたものを書いて記録する」

 

 

 

くれぐれも「食べたいものを書いて記録する」と間違えて

「パフェ、焼肉、寿司」とか書かないようにね。まあ、書いてもいいけどね。紙が少しだけ美味しそうに見えるかもね〜。

 

 

じゃ、間違えるかもしれないのでもう一度言うことにする。(間違えるかっ!!!)

 

大まかなやり方は、「食べたものを書いて記録する」

以上!

簡単ね〜〜!

 

 

ダイエットちゅうもんはやること自体は簡単なものばかりなんやぞ。

ダイエットが難しいのは続けることが難しいからや。

お、予備知識をウザい感じで仕込んでみましたごめんちゃいな〜。

 

 

 

レコーディングダイエットのメリット

 (何ごともなかったようにいきなり始めちゃう)

 

  1. 書いておくことで、食べ過ぎを防ぐ
  2. カロリー計算ができる
  3. ダイエットを意識できる
  4. 記録を遡って確認できる
  5. 記録がたまることにより楽しくなる。

 

書いておくことで、食べ過ぎを防ぐ

食事の後に記録をしておくと、その日に食べたものを確認しながら次の時間帯に食べる量を考えることができます。その日に限らず、週を通してバランスを取りながら食事をすることもできます。

今週はがっつり食べることが多かったので今日は軽めの食事を心がけよう、というような使い方が可能です。

 

カロリー計算ができる

記録をしていることでそこから調べながらカロリー計算をすることができます。

カロリーはネットを使えば簡単に調べることができると思います。

 

ダイエットを意識できる

書く、という動作を習慣的に行うことによってダイエットをしていることを体が意識するようになります。

意識をすると、食べ過ぎに注意したり、甘いものを控えるようになったりと行動も変わってきます。

また、ダイエットに関する新たな情報にも敏感に反応することができるでしょう。

 

記録を遡って確認できる

記録が残っていることにより振り返って確認するという作業ができるようになります。

体重の軽かった日の食事はどんなものだっただろう?など後の自己分析にも役に立ちます。

 

記録がたまることにより楽しくなる。

自分の勉強ノートを見て、今日はこんなに勉強した!!というようにノートにたまった学習跡を見て楽しい気分になったことが誰にでもあるのではないでしょうか?

レコーディングダイエットにはそんな効果も期待できます。

 

私がやったレコーディングダイエット方法

 

  1. スケジュール帳に記録する
  2. 食べたものは料理名で記録する
  3. カロリーを調べて書く
  4. 体重も一緒に記録する
  5. 記録を見てニヤニヤする

 

スケジュール帳に記録する

スケジュール帳は日にちごとに書けるようになっているので、見やすく整理できておすすめです。

 

食べたものは料理名で記録する

例えばハンバーグを食べたらハンバーグ、味噌汁を飲んだら味噌汁、など食材ではなく料理名を記録していました。ハンバーグを食べた時にひき肉、パン粉、、、なんて書くのは大変だったので。それでもちゃんと効果はありましたよ。

 

カロリーを調べて書く

カロリーはネットで調べてスケジュール帳のその日のスペースの隙間にカロリーを記録していました。

 

体重も一緒に書く

朝、起きた時の体重を記録していました。体重は朝が1番軽かったので。

 

記録を見てニヤニヤする

記録は自分の頑張った証拠だったのでそれを眺めながら楽しんで、よし、明日も頑張るぞ!と気合いを入れていました。

 

 

まとめ

記録は自分頑張った証!!どんどん書いて頑張りを残しましょう!そして何よりもダイエットを楽しんでいきたいですね!

 

 

 

PS古い記憶なのですがむーさんもレコーディングダイエットをしていた気がします。むーさんって誰やねん!と思っていると思いますがむーさんは森三中の村上さんです。「私の友達のむーさん」みたいな言い方してしまいすみません(^^)